全国青少年健全育成アクティビティ・コンペティション結果

【ご挨拶】
このたびは330-A地区にて、全国に呼びかけて2015-2016全国青少年健全育成アクティビティ・コンペティションを実施しましたところ、全国より7つの複合地区にわたる29ものクラブ・アクティビティにエントリーいただきました。
審査・投票期間は1週間余りと短いものでしたが、約680もの投票をいただきました。特に投票最終日だけで200を超える投票をいただきましたことは誠に感謝申し上げます。
このアクティビティ・コンペティションは、よきアクティビティこそがクラブを活性化するという考えのもと、全国から自慢できるアクティビティをエントリーしていただいて、公開の場で審査投票を行おうという発想から始まりました。地区ホームページ上でそれぞれを紹介しつつ公開審査を行うとともに、フェイスブック等で告知を行ったところ、当地区のライオンズメンバーだけでなく、全国のライオンズメンバーの皆様や、さらには一般市民の方からも審査投票をいただくとともに、「いろいろなアクティビティが参考になった」「どのような活動をライオンズがやっているかがわかった」というご感想を頂きました。そこで「全国版」で再びアクティビティ・コンペティションを行ったところ、「330-A地区版」の時よりも大きな反響をいただきました。皆様のご協力、誠に感謝申し上げます。
結果は下表の通りですが、大変独創性にあふれたアクティビティが全国各地から寄せられました。結果として、優秀賞が甲乙つけがたく、当初の予定から優秀賞受賞クラブを増やしまして、最優秀賞1クラブ、優秀賞6クラブとさせていただきました。
受賞クラブの皆様におかれましては、今期から来期に向けて実際にクラブ例会等にお伺いして、賞品をお渡しさせていただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
今回は初めての試みで、いろいろと不行き届きな点もあったかと存じますが、「アクティビティの応募」「審査投票の仕組み」「テーマ設定」などいろいろ工夫して今後につなげて行ければと幸いです。
エントリーいただきましたクラブの皆様、期間中に審査ページをご覧になった皆様、ご投票いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 
 
 
2016年6月13日
330-A地区ガバナー 近藤正彦

 


【エントリーチーム】
全国青少年健全育成アクティビティコンペティションエントリーチーム一覧はこちら


2016年4月22日(金) 〜5月20日(金) まで投票審査いただいた、全国青少年健全育成アクティビティコンペティションですが、以下の通りの結果となりました。

 

*最優秀賞1クラブ

18

【330-A】1R 2Z 東京ピースライオンズクラブ
「スポーツで青少年の健全育成を応援する!200人ボウリング!」

 

*優秀賞6クラブ

330a_activity

【330-A】10R 2Z 東京世田谷ライオンズクラブ
「東京世田谷ライオンズクラブカップ少年サッカー教室」

 

06

【333-A】1R 1Z 佐渡ライオンズクラブ
「第21回 ふれあい海の祭典開催」

 

06

【334-A】3R 1Z 稲沢ライオンズクラブ
「いじめ防止教室」笑いで、いじめをぶっとばせ!!」

 

06

【334-B】4R 1Z 名張ライオンズクラブ
「薬物乱用防止教室『ダメ、ゼッタイ』開催と啓発活動」

 

06

【336-A】3R 1Z 大洲ライオンズクラブ
「大洲ジュニアトライアスロン大会」

 

06

【336-A】3R 1Z 宇和ライオンズクラブ
「小学生企画運営による『運動公園桜まつり』」

 

みなさま、審査投票にご協力いただきまして、大変ありがとうございました。