原宿表参道元氣祭スーパーよさこい 8月24・25日 330―A地区2019-2020年度プロジェクト

8月24日(土)25日(日)に原宿表参道全体を会場とする80万人動員の『原宿表参道元氣祭スーパーよさこい』が開催され、「ライオンズクラブよさこいチーム」が出演しました。

2019年8月24日 原宿表参道元氣祭スーパーよさこい  Ver4分25秒

2019年8月24日 原宿表参道元氣祭スーパーよさこい  Ver9分26秒

前期よりL伊賀保夫ガバナーからの依頼で、L松浦辰吉プロジェクトリーダーのもと始動した広報活動のプロジェクトです。
ライオンズカラーである金と紫の衣装、3枚の大旗、そしてライオンズ精神を口上に取り入れ、今期のガバナーズテーマである「襷をつなぐ」をテーマに演舞し、ライオンズクラブを大いにPRしました。
演舞前には舞台上でライオンズローアを、L松浦リーダーとともにL伊賀ガバナーの合図で行いました。
演舞中盤、踊り子が一斉にライオンズ旗をバッと出した瞬間、「おぉぉぉぉ!」と、一般観覧者からも大きな歓声が上がりました。
初参加のメンバーからは「参加して初めてこのイベントの大きさを知った」「観客も踊り子も笑顔になれる感動のアクティビティに参加でき、最高の思い出となった」「当日のチームの一体感、そして街全体の一体感が素晴らしかった」等、仲間とともに汗を流して練習し迎えた当日だからこその充実感が伺えました。
「ライオンズメンバーが笑顔で演舞している姿に力をもらった」と、観覧にきたメンバーからも感動の声が聞こえました。 二日間にわたり、多くの観客にライオンズクラブを知って頂く機会となり、プロジェクト第一弾は成功裏に終わりました。
そして、本プロジェクトは10月20日(日)駒沢オリンピック公園総合運動場内の体育館にて開催される『第15回東京都障害者ダンス大会ドレミファダンスコンサート♪』へ続きます。

第15回東京都障害者ダンス大会ドレミファダンスコンサート♪
ダンスと音楽で心から喜んでもらうオールボランティアによる障害者支援活動です。
こちらもぜひご参加ください。
マーケティング・コミュニケーション・IT委員会 委員 L細田未央