第64回年次大会代議員会を開催 4月14日 東京プリンスホテル

2018年4月14日(土)9:30より第64回年次大会代議員会が(港区)東京プリンスホテルにおいて開催された。 今回の代議員総会の代議員数は602名で、開始時間までに登録・入場を済ませた代議員は571名であった。 細川議長の挨拶の後、大会議事規則の説明、資格審査の発表の後、議事に入り、2018~2020年度国際理事候補者推薦を332ーD地区L安澤荘一(白河小峰LC)にて承認、第65回年次大会の開催地を東京に選定、続いて330-A地区法人化推進について審議に入った。
組織連携・再編検討委員会(L池田和司委員長)の提案理由説明の後の質疑応答において数名の質問および意見表明があり、その後採決に入り来期にかけて地区法人化の検討・議論を深めることが承認された。引き続き次期地区ガバナー、次期第1副地区ガバナー、次期第2副地区ガバナー各候補者の所信表明および投票に入り、その後各分科会の審議に入った。昼食の後代議員会が再開、投票結果が発表され、次期ガバナーにはL今井文彦(東京巣鴨LC)、次期第1副地区ガバナーにはL伊賀保夫(東京ピースLC、次期第2副地区ガバナーにはL進藤義夫(東京世田谷LC)が選出された。(投票の結果については下記のスライド画像を参照)
最後に各委員会・分科会の報告および決議が行われすべての議事が無事終了した。

レポート)広報情報委員会