ドナ-ファミリ-の集い 10月22日 東京麻布LC

東京歯科大学市川総合病院「角膜センタ-・アイバンク」が主催する「ドナ-ファミリ-の集い」は角膜ドナ-の遺族・角膜移植で視力を回復した患者・移植医・移植コ-ディネ-タ-がそれぞれの立場からその思いを話し合う集会です。 東京麻布ライオンズクラブは第1回の開催から支援を続けております。 霞ヶ関「イイノホ-ル」で第20回開催を迎えたこの日には荒天にもかかわらず今井第一副地区ガバナ-・中野了名誉顧問・社会福祉障がい者支援委員会後藤委員長・4献委員会川島委員長をはじめ両委員会の委員の皆さんの応援を得て盛大に行われました。
参加の皆さんからは献眼奉仕活動に関わるご遺族の心の痛みや視力を回復された方々の喜びと感謝の気持ちに直接に触れて感銘を新たに出来たとの感想が寄せられました。
同時に行われた移植医によるシンポジウムではIPS 細胞を利用した新しい角膜再生医療の実現を目指して着実に歩みを進めているとのお話が伺えました。
東京麻布LC 幹事 L戸田一郎