家族納涼例会を大いに楽しむ! 8月3日 東京三鷹LC

会員交流委員会にとって今年最初のアクティビティである家族納涼例会が吉祥寺東急REIホテル3階「むさしの」で盛大に行われました。 今季会員32名でスタートした東京三鷹ライオンズクラブにとって、「会員親睦と会員増強の場」と位置づけ4月より計画したプログラムでもありました。
このプログラムを成功させるには、プログラムの充実、参加者を増やす、当日を含め協力者の動員を掛けることが必要不可欠でした。 幸い当日は委員会以外の多くのメンバーの方が協力して下さいました。 「ハワイアンとフラダンスの夕べを楽しみましょう!」をテーマに当日を迎えました。 当日は会員とゲスト(友人・夫人)を合わせて42名、子供たちが13名、合計55名の参加でした。 男性は多くの方がアロハシャツ、女性も何人かは着物やムームー姿で、子供たちは浴衣姿が多く見られ納涼例会の場を盛り上げてくれました。 子供たちは景品付きの射的、スマートボール、ヨーヨーの縁日を大いに楽しみました。
大人たちはその後のハワイアンバンド「チェリーズ」とフラダンサー小林さんの魅惑のムード音楽を大いに楽しみました。 音楽では佐久間Lの飛び入り演奏で場が更に盛り上がりました。
音楽に合わせて一部の会員と子供たちもフラダンサーに合わせて踊って楽しみました。
最後に子供たちは沢山のお土産を、ご婦人たちにはカイビスカスのお花をそれぞれ一鉢持ち帰って頂き、楽しい思い出と日頃のメンバーたちのライオンズ活動を理解して頂く一助になったのではないでしょうか。
東京三鷹LC 会員交流委員会委員長 L窪田直隆