未来へ ~心を繋ぐ音楽の輪~ 8月27・28日 東京蒼天LC

8月27日28日 東日本大震災復興支援活動として宮城県名取市閖上中学校と箱塚屋敷仮設住宅集会所にて、八王子富士森高校吹奏楽部80人の生徒さん達と【未来へ~心を繋ぐ音楽の輪~】と題して演奏会を開催しました。 東京蒼天ライオンズクラブ・東京八王子陵東ライオンズクラブ・東京尾張町ライオンズクラブ、三クラブ合同アクティビティ(趣旨に賛同して東京新世紀ライオンズクラブからも参加)
先ずは、ゆりあげ港朝市を訪問して、「メイプル館」で昼食を取り、桜井理事長より津波の恐怖体験談、防災についての心構えを講演して頂き身が引き締まる思いがしました。 次に、八王子富士森高校吹奏楽部の生徒さん達とコンサート向けての交流会が行なわれ、陵東のメンバー3名が卒業生、2名が父母という事もあり、和やかな会となりました。 その後、近くにある日和山に向かい、東日本大震災犠牲者の冥福を祈り献花して黙祷を捧げました。 次は、箱塚屋敷仮設住宅集会所でミニ演奏会が行われました。 最後は、ふるさとの歌詞を閖上にかえての熱唱。
美しいハーモーニーと心暖まる演出で笑いあり涙ありの楽しい感動的な時間を過ごす事がでしました。 現在、災害公営住宅が整備されつつあり、箱塚屋敷仮設住宅での活動も今年限りでは、の声がありました。
28日は閖上中学校の仮設体育館にて【未来へ~心を繋ぐ音楽の輪~】と題して演奏会が行われました。 現在、閖上中学校の生徒数は55名となりましたが、楽しそうな笑みがこぼれ、軽快な手拍子等で大変盛り上がり、あらためて音楽の力の凄さを感じました。 最後は、高校生と関係者全全で輪になって、また会う日までを大熱唱し、感動で目頭が熱くなりました。
閖上中学校の教頭先生からは、来年は、地域の防災拠点となる閖上小・中学校の新校舎が完成します。 来年は新校舎で会いましょうと固い約束をして活動を終えました。
東京蒼天ライオンズクラブ 会長 L丸井一弘