東京新宿ライオンズ 第56回OSEALフォーラム台湾参加 及び 台北復興獅子会との交流会報告

今大会へは、 正会員17名 家族会員10名、総勢27名での参加でした。
一行27名は渡航初日の11月17日(金)台北・松山空港に降り立ち、姉妹提携クラブである『台北復興獅子会』の熱烈歓迎を受けました。 到着ゲートには、歓迎のレイを携えた復興獅子会メンバーのお迎えがあり、更には、会場であるシーザーパークホテル台北まで用意された送迎バスにより、お送り頂くという歓迎ぶりです。 歓迎会も終始和やかな雰囲気で、プレゼントの交換やらカラオケの 熱唱やら、時を忘れる程の交流の場となりました。 そもそも私達、『東京新宿ライオンズクラブ』と『復興獅子会』とは、1973年4月に姉妹提携を調印し、44年間に亘る交流を続けてきました。 最近では、我がクラブの50周年チャターナイト(2010年)に、復興獅子会の皆さんがお祝いに 駆け付けて下さり、又、復興獅子会の40周年(2011年)には、当方からもお祝いに伺って深い 親交を温めてきました。
両クラブのメンバーは、両国の親善に寄与していくことを誓い、尚一層の交流の輪を広げていく ことを確認し合いました。
翌11月18日(土)は、早朝8:31発、台北駅より新幹線にてOSEALフォーラムの大会会場のある高雄・左営駅に1時間30分余をかけて移動、開会式に参加致しました。
18:30からの『ガバナー晩餐会(漢来ホテル)』には、新宿ライオンズクラブメンバー27名全員が参加し、良質な食材をふんだんに使った豪華宴席の料理を堪能させて頂きました。
11月19日(日) 台北市 九份、十分地区観光 雨中、雨ガッパの行程でしたが、充実した1日でした。
11月20日(月) 台北市 故宮101ビル見学後、参加者全員 無事帰国。
新宿ライオンズクラブの団結力の強さを確認することが出来た今回のツアーでした。
東京新宿ライオンズクラブ 会長 L中井 正力

PDFレポート:東京新宿ライオンズ 第56回OSEALフォーラム台湾参加 及び 台北復興獅子会との交流会報告