鶴川駅前献血キャンペーン 東京町田クレインLC 10月19日

朝8時に小田急線鶴川駅北口改札に集合し、立て看板・のぼり旗を設置。
開始前の朝礼にて日本赤十字社の松下様より「立て続けに発生した台風の影響で、全国的に輸血用の血液が不足している」という情報を連携して頂いた。
そのせいもあってか、いつも以上にメンバーの呼びかけにも力が入りました。
当日はあいにくの曇り空でしたが、参加された方の想いが通じたのか、献血の終了まで本降りになることはなく、受付60名献血50名の多くの皆様から温かいご協力を頂くことができました。
個人的にも献血の重要性を再確認した今回のキャンペーンでした。
次回のキャンペーンにも参加し、献血を呼び掛けたいと思います。
東京町田クレインLC 献血・骨髄移植推進委員会委員長 L梶原圭宏