第10回東京晴海ライオンズクラブ杯・旗争奪      少年野球大会の開会式 10月27日(土)東京晴海LC

第10回東京晴海ライオンズクラブ杯・旗争奪、少年野球大会の開会式が晴海少年野球場にて行われた。

この大会は低学年のチームと高学年のチームに分かれトーナメント形式で優勝を争う。

今井文彦地区ガバナー、村木秀之元地区ガバナーを来賓に迎えた開会式は選手入場から始まり、前年度優勝チーム・準優勝チーム・3位チームより大会優勝旗優勝杯、準優勝杯、3位杯の返還が行われ、主催者の東京晴海ライオンズクラブ知野会長、今井ガバナー、村木元ガバナーの挨拶が終わり、続いた選手宣誓は秋の青空に力強く響き渡った。

始球式は今井ガバナーと村木元ガバナーの黄金バッテリーに知野会長が対峙するかたちで行われ、今井ガバナーの投じたストレートと思われる魔球に知野会長は恐れをなしバットが出ず、村木元ガバナーは少し慌てて捕球体勢に入った。

この今井ガバナーの投じたウィサーブの一球で、参加球児に大いなる夢と希望を与える開会式となった。

取材:マーケティング・コミュニケーション委員会 委員長L 吉岡晋