12Rガバナー公式訪問・合同例会   9月27日 新宿ワシントンホテル本館

9月27日(木)新宿ワシントンホテル本館に於いて、第12Rガバナー公式訪問合同例会が開催された。

15時より行われた事前懇談会には12Rの8クラブの会長幹事が出席し、今井文彦ガバナーより例会前に行われるセミナー開催についての説明があった。続いて各クラブの活動報告や、家族会員・女性会員の重要性、若い会員への世代交代についての意見交換など、熱い議論が交わされた。

16時からはL濱野雅司(330複合地区GLTコーディネーターGLT委員会委員長 330ーC地区元地区ガバナー・名誉顧問)を講師にむかえ、「指導力育成セミナー~LCIフォワードとGATについて~」と題したセミナーが行われ、次の100年の成功と奉仕事業を展開する上で、ライオンズクラブ活動を改革していくことの重要性、会員増強のために、どのように退会する会員を減らしていくか等、こと細かな講義が行われた。

セミナー終了後に、8クラブ103名が集まり合同例会が行われた。

第1部は東京三鷹LC 会長 L佐久間豊よりガバナー歓迎の挨拶の後、今井ガバナーより挨拶及び今期の運営方針についての説明があった。今井ガバナーより各クラブへ公式訪問記念品の贈呈、ガバナーズサービス目録贈呈、9名の新入会員への記念品贈呈及び、MJF LCIF$1,000献金者4名への記念品贈呈式も行われた。

第2部は東京武蔵野LC 会長 L永生芳樹による開会の挨拶、330ーA地区第一副地区ガバナーL伊賀保夫と第2副地区ガバナーL進藤義夫の来賓挨拶が行われ、第12R第1Zゾーン・チェアパーソンL後藤登による「We Serve」の掛け声で懇親会が開催された。ステージ上では今井ガバナーとの記念撮影が行われ、終盤には第12R第2Zゾーン・チェアパーソンL青木健のライオンズ・ローア、広い会場をぐるりと一周した「また会う日まで」で再会を約束し、東京稲城多摩LC会長L川島實の閉会の辞で幕を閉じた。

 



取材:情報テクノロジー委員会