3Rガバナー公式訪問・合同例会 9月11日 明治記念館「蓬莱の間」

9月11日(月)15時30分より明治記念館「孔雀の間」にて、3Rの18クラブの会長幹事が出席し、事前懇談会が開催された。 細川孝雄ガバナーから環境に対して力を入れていく事を含む運営方針の説明、100周年記念奉仕チャレンジ等のお話の後、各クラブの会長達から自クラブの会員増強、活性化に対して、具体的な事例をあげて発表された。 若い会員獲得に関する施策、活性化するためのイベントの取り組み等、各クラブにとって大変有意義な懇談会となった。
18時より、「蓬莱の間」にて、18クラブ、総勢155名が集まり合同例会が行われた。 L田中隆三RCのガバナー歓迎の挨拶が終わると、細川ガバナーから、100年奉仕チャレンジ、視力、青少年育成、飢餓、環境に対して力を入れていくという、方針説明を含む挨拶が行われた。 アメリカのハリケーン、インドの気温異常等の事例をあげ、特に環境問題を決して軽視してはいけない事を特に強く愬えた。
次に、LCIF推進委員会委員長、L伊賀則夫の挨拶が行われた。$1,000献金への貢献、協力を求め、$1,000献金者に対して細川ガバナーより記念品の贈呈式が行われた。 また、6名の新入会員へ記念品であるライオンズピンの贈呈も行われた。 そのお返しの挨拶として、新入会員であるオペラ歌手のL崔宗宝さんが素晴らしい歌声を披露しました。
第二部の懇親会では、L今井文彦第1副地区ガバナーとL伊賀保夫第2副地区ガバナーの挨拶の後、元地区ガバナー・名誉顧問L阿久津隆文による乾杯の挨拶で会食が始まった。
津軽三味線、尺八の演奏、テールツイスターL三遊亭金時のお話等、大変盛り上がった懇親会となった。
レポート)広報情報委員会 L荻 幸旗