6Rガバナー公式訪問・合同例会    9月21日(金)上野東天紅

15時からの事前懇談会では、LCIフォワードにつき説明があり、新たな100年に向けての方針が説明された。また、各クラブ会長より闊達な意見交換が行われ、ガバナーとの懇親を深めていた。

第一部合同例会では、LCIフォワードとGATにつき複合地区GLT委員会委員長、    元地区ガバナーである玉川Lが講演を行った。今後の新しいライオンズの国際的な動きである、LCIフォワードにつき説明、またGATの仕組みや役割について講演を頂いた。その後、  新入会委員の紹介や記念アクティビティが行われ閉会のゴングとなった。

第二部懇親会は、伊賀第一副地区ガバナーのご挨拶を頂き、進藤第二副地区ガバナーの乾杯で始まった。程なくして、アトラクションである6R恒例「クラブ対抗 吹き矢大会」が行われた。これは各クラブの代表者が登壇し、吹き矢を放って景品を獲得するゲームだ。最初の挑戦者は、ルールの説明も兼ねて今井ガバナーが登壇した。普段やることのないゲームだけに、今井ガバナーも真剣な表情で説明を聞いていた。いざ本番となり、今井ガバナーがマトに向かい吹き矢を放った。思いの外正確にマトを得たので、会場より大きな拍手が起こり一気に会場の雰囲気は和んだ。

懇親会は和やかに終盤を迎え、出席率の発表、ライオンズローア、閉会の挨拶と続き、最後は「また会う日まで」で輪を作り閉会した。

取材:情報テクノロジー委員会