1Rガバナー公式訪問合同例会・懇親会 9月28日 如水会館

9月28日(木)如水会館に於いて330-A地区第1R・ガバナー公式訪問が開催された。
16時より会長・幹事との事前懇親会、18時から合同例会・懇親会が行われ、15クラブのライオンズメンバーが参加した。 細川ガバナーをはじめ、今井第1副地区ガバナー、伊賀第2副地区ガバナー、多くのキャビネット役員をお迎えし、細川ガバナーからは100周年記念事業として『100周年記念誌の発行』及び330ーA地区発信の『ライオンズソング』の公募、10月7日『環境シンポジウム』のイベントなど環境問題に力を入れていること、12月1日に開催される東日本震災支援・動物愛護支援『フジコ・ヘミング ソロコンサート』の参加依頼、11月17日~20日に台湾(台南・高雄)で開催される
『OSEALフォーラム』の登録依頼があった。またナレシュ・アガワル国際会長のスローガンが「We Serve」に決まり、国際会長方針として1億人奉仕チャレンジ達成後の
次の目標として2020年までに視力・飢餓・環境・小児がん・糖尿病の5大テーマで2億人への奉仕目標が伝えられた。 その後は細川ガバナーより各クラブへ記念品の贈呈、新入会員への記念品の贈呈が行われ、伊賀則夫LCIF推進委員会委員長よりLCIFの日本の現状についての報告と、$1,000献金者(11名 $19,000ドル)に対して細川ガバナーより記念品の贈呈式が行われた。
第二部の懇親会では今井第1副地区ガバナーの挨拶のあと、伊賀第2副地区ガバナーの挨拶そして乾杯”We Serve”、その後は細川ガバナーを中心にライオンズメンバーと各テーブルごとに記念撮影をしながら交流するなど大いに盛り上がった。 最後にライオンズ・ローア、会場で一つの大きな輪を作り「また会う日まで」を歌い、無事に閉会となった。
広報情報委員委員会 副委員長 L茶谷彰彦