あやめちゃんの心臓移植のための募金活動 10月5日 社会福祉・障がい者支援委員会

10月5日(木)13時~19時 中野駅北口において社会福祉・障がい者支援委員会(L後藤義英委員長)メンバーが心臓移植の為の募金活動を行いました。 細川ガバナーの諮問事項である難病支援の一環としての、「左心室筋緻密化障害」という難病を患っている2歳のあやめちゃんの心臓移植の為の募金活動です。 現在の医療技術では、あやめちゃんは心臓移植でしか元気な姿に戻る事ができません。 心臓移植については、アメリカの医療機関で受け入れが可能ですが、アメリカの病院では医療費助成がなく、全て実費診療となります。 医療費等の費用は総額で約3億円かかります。 9月末の時点で目標額までもう少しと言うことで、後藤委員長をはじめ委員会メンバーは一生懸命この募金活動に取り組んでいます。 LCが特定の個人のための募金活動を行うことには賛否両論はありますが、この日は近隣にお住まいの方々また中野駅近辺に通勤されている皆様の善意と温かい心に感銘を受けた一日となりました。          報告・写真:広報情報委員会委員 L泉 孝之