アイバンクセミナー(サポーター講習)

平成29年6月1日13時より、東京都赤十字血液センター会議室にて、献血・献眼・献腎・骨髄移植委員会によるアイバンクセミナー(サポーター講習会)が開催されました。 奈良橋副委員長司会のもと、村木ガバナーの挨拶、ご来賓の挨拶ののちに、東京都赤十字血液センター部長 瀧川正弘氏による「献血現状報告」がありました。 まず初めに、実際に急性リンパ性白血病になり数多くの輸血を受けてきた女優「友寄 蓮」さんによる実話のDVDを鑑賞し、鑑賞後に最近の献血事情を伺いました。 献血協力者数が20年前に比べて減少している、そして30歳代以下、特に10歳代以下の献血率が大きく減っているということでした。
第二部では日本アイバンク協会常務理事で日本大学名誉教授の澤充先生による講演でした。 講演内容は「角膜移植-提供から移植術まで」というテーマでパワーポイントによる実際の手術映像を交えながら詳しく解説していただきました。 終了後に質疑応答があり、セミナーは終了となりました。
レポート)広報情報委員会