会員増強拡大シンポジウム 10月30日 東京都赤十字血液センター4階会議室

「今期は地区として1,000人の会員増強を行うことを命題とする」細川ガバナー諮問事項を受けて、会員増強委員会主催の会員増強拡大シンポジウムが10月30日(月)13時~15時 東京都赤十字血液センター4階会議室にて開催された。 シンポジウムは2部構成で行われ、第1部ではFWT東日本エリアコーディネーター L小川晶子、GMT330複合地区コーディネーターL石井征二、GMTコーディネーターL橋本光祥をパネリストに迎え「正会員・家族会員・賛助会員・支部」についてのパネルディスカッションが行われた。 第2部は7月8月の2月間に於いて、大きく会員増強した最優秀アワードクラブの東京山王 LC会長L大川あつ子、優秀アワードクラブの東京蒼天LC会長L丸井一弘、東京北新宿LC会長L山口マキ、東京芝LC会長L金澤康之、前期会員増強個人アワード最優秀受賞者の東京八王子いちょうLC L小方一博のパネリストにより、会員増強成功クラブとして成功事例についてのパネルディスカッションが行われた。
1部2部ともにインタビュアーとして、会員増強委員会委員長のL高桑昌彦がパネリストの口述を参加者により伝わりやすく導き、後の質疑応答では、会員増強が思うようにいかず、やや停滞しているクラブの問いかけに、当日配布した「会員増強のためのヒント集」の活用や会員増強成功クラブへの例会訪問などを促した。
参加者180名を数えたこのシンポジウムは終始熱気にあふれ、終了後には参加者の多くが自クラブの伝統に基づいた会員増強の道筋を思い描く事ができた会員増強拡大シンポジウムであった。
レポート)7R2Z ゾーン・チェアパーソン L吉岡晋