第一回薬物乱用防止教育認定講師養成講座 11月2日 国立オリンピック記念青少年総合センター

11月2日、国立オリンピック記念青少年総合センターにて「第一回薬物乱用防止教育認定養成講座」(白、ゴールド、新規・更新:65名登録)が開催された。 薬物乱用防止委員会 L永浜静江副委員長より開会宣言の後、L細川孝雄地区ガバナーより、国際的には、クエストプログラムな中、レオプログラムな中に薬物乱用防止教育が位置付けられており、1997年から330-A地区では、約20年前から薬物乱用防止教育に取り組んでいることであると歴史的なことを交えご挨拶があった。 次に、L杉原省吾委員長より、薬物乱用防止教育認定養成講座の意義と資格を取っただけでなく、今後のフォローアップセミナーを受講して頂き、小学校や中学校で実践的に講習できるよう参加のお願いがあった。 また、2018年5月9日、薬物乱用委員会親睦ゴルフを開催しメンバー間の情報交流の場として行きたいので多くのご参加を呼びかけた。
国際情勢講座、専門講座(麻薬取締の実態、危険ドラック対策について、薬物乱用と身体への影響)、その後、認定講師 東京八王子陵東ライオンズクラブL吉野孝弘氏より、実践講座が行われ、講評、謝辞、最後に新規認定証授与をL今井文彦第一副地区ガバナーより行われ終了した。
レポート)広報情報委員会 委員 L大和祥郎