退会防止拡大シンポジウム 5月14日 会員増強委員会

2018年5月14日 東京都赤十字血液センターに於いて、2017-2018年度ライオンズクラブ国際協会330-A地区 会員増強委員会の主催により「退会防止拡大シンポジウム」が開催された。
今回のシンポジウムの目的は、「会員を増員させるだけでなく、入会した会員の退会防ぎ、維持していくことがとても重要である。」と考えての企画として行われた。 ライオンズクラブ国際協会 330-A地区 細川孝雄ガバナー初め、約140名のメンバーが参加した。
第一部では、過去に退会を考えた事がある、それを克服して現在ライオンズクラブで大変活躍されている方々がパネリストとして参加し、題して「その時なぜとどまったのか?」パネルディスカッション方式で行われた。
パネリストには、東京巣鴨LC L中村安次、東京世田谷LC L西山和範、東京21世紀LC L柿澤美貴、東京八王子いちょうLC L小方一博をむかえ東京数寄屋橋LC所属 会員増強委員会 委員長 L高桑昌彦によるインタビューが行われた。
第二部では、「退会者を防ぐポイントはここだ!退会パターンからそのヒントを探る」と題して会員増強委員会 委員長 L高桑昌彦によるパワーポイントを使った講演が行われた。
ここでは、退会者のパターンや退会理由、各メンバー・各クラブ内でできること、具体的な退会防止に役立つツールなどの紹介が行われた。 シンポジウム終了後には、当日参加も含め約100名以上のメンバーが懇親会に参加し交流を深めた。
レポート)広報情報委員会 L根岸雅也(東京八王子いちょうLC)