「第12回障害者ダンス大会ドレミファダンスコンサート♪」を開催

東京表参道ライオンズクラブ
日時:6月10日(日)15:00~17:30  場所:東京体育館メインアリーナ

ライオンズクラブが誕生し100周年という輝かしい歴史の節目である今期、6月10日(日)に「第12回障害者ダンス大会ドレミファダンスコンサート♪」が東京体育館で開催された。小池東京都知事をはじめ多くの来賓の方々が挨拶をされ会場は華やいだ。
クラブのメインアクティビティであるこの大会には、知的・身体・重度・精神・視覚・聴覚障害・ダウン症などあらゆる障害のある方、そのご家族、施設の方をご招待している。様々な音楽とダンスを自由に心から楽しみ、障害者・健常者関係なく一緒にその空間を楽しむことが出来る優しさ溢れるコンサートになるように企画している。クラブメンバー、約1,000人の東京表参道LCサポーターが、この日に向け全力で準備してきた。障害者ダンスチーム、世界のダンス、チアダンス、バレエ、ジャズ、吹奏楽、ロックバンドが順次出演し、参加者全員が楽しんでこのコンサートの時間を過ごした。 2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技会場になるこの東京体育館、今回会場のメインアリーナはまもなく改装工事に入る。

次回は10月13日(土)駒沢オリンピック公園総合運動場内の体育館で「第13回東京都障害者ダンス大会ドレミファダンスコンサート♪」を開催する。

レポート)広報情報委員会