チャリティーコンサート&基調講演(小児がんの日)2月15日(木)

健康促進(小児がん・糖尿病対策)委員会(L葛西智子委員長)は2月15日(小児がんの日)に小児がん患者支援、啓蒙活動の一環としてアーティスト2組のチャリティコンサートと1団体の講演を中央区築地近くの聖路加国際病院本館トイスラーホールにおいて開催した。当日は地区メンバーおよび関係者約80名が参加した。当委員会は国際協会が小児がんに取り組むこととなったのをきっかけに、がんを克服した子供たちの多くが体の発達や学習能力を低下させる後遺症に悩まされている現状、その子供たちや家族をサポートする目的でこのチャリティイベントを企画した。

まず基調講演として、ひまわりメソッド代表 三村麻子氏の「小児がん患者の教育・学習機会についての問題」について、ご自身の体験に基づいたお話と皆様への支援および協力の要請がなされた。

引き続き、D’STARSおよびハモローザによるコンサートが行われ、参加の皆様を楽しませた。D’STARSはディズニーの3曲ほか子供が親しみやすい数曲を披露、ハモローザは愛燦々、早春譜など年配の方に親しまれた曲を合唱で披露した。

<ひまわりメソッドとは> 小児がんにより15歳4か月で他界した理事長三村氏の娘さんの闘病できっかけとして生まれた。手術や治療のために長期入院している病児は闘病の苦しさ、学校へ通えない悲しさ、さらに治療のために経済的・時間的負担を家族に強いているという心苦しさなど山積してしまう。このような病児たちに「アートワークショップ」と「教育の場」を届けたいという想いから生まれた。

レポート 広報情報委員会