ライオンズクラブ国際協会 創立100周年記念 第63回 年次大会 第2日目 開催 4月22日(土)

大会レポートPDF:ライオンズクラブ国際協会 創立100周年記念 第63回 年次大会 第2日目 開催

330-A地区 第63回年次大会が、2017年4月22日(土)東京プリンスホテルで開催された。テーマは、「越」。

 9時35分からの代議員会では、4月17日代議員総会第1日目の報告がなされ、その後各分科会に移動し、アクティビティや会員増強など様々なテーマについて330-A地区の現状、問題点の確認、今後についての協議及び審議が行われた。
代議員総会後半では、次期地区ガバナーL細川孝雄、次期第1副地区ガバナーL今井 文彦、次期第2副地区ガバナーL伊賀 保夫が紹介され、また分科会報告、決議報告、決議事項が承認された。
14時から「ライオンズクラブ国際協会創立100周年記念式典」が始まり、常陸宮同妃両殿下のご臨席のもと、篠 順三大会幹事による開会宣言、海上自衛隊東京音楽隊所属の三宅 由佳莉さんによる国歌独唱、そして村木 秀之大会会長が式辞を述べ、大会記念アクティビティが発表された。
式典後半では、江東区立明治小学校マーチングバンドによる大会記念演奏会が開催され、その後次期地区ガバナーL細川孝雄エレクトが会場全体からの期待と激励を受け入場し、式典は結びとなった。
17時からアワード表彰が華やかに行われ、拍手と「おめでとう」の歓声で会場は熱気に包まれ、続く晩餐会では、東日本大震災・熊本震災支援ラッキーカード抽選会が企画され盛会となった。100年先を見据え、新たな山を目指す、テーマ「越」を各所で感じられた第63回年次大会だった。
第63回年次大会の様子は、HP右側の「第63回年次大会Photo Gallery」タグをclickするとご覧いただけます。   レポート)広報情報委員会