会員増強!クラブ合併!支部結成!   ノウハウシンポジウム11月30日(金)

東京都赤十字血液センターに於いて
「会員増強!クラブ合併!支部結成!ノウハウシンポジウム」が
開催された。GMTの複数のテーマである会員増強、クラブ合併、支部結成について同時に考えるシンポジウムは初めての試みである
会員増強委員会からは会員増強と会員維持の成功例を重信委員長の司会により、東京豊島LC 佐野L、東京白門LC榎L、東京八王子いちょうLC小方L、より発表、解説があった。
会員維持退会防止委員会からは、高桑委員長の司会でクラブ合併について東京京橋八重洲LC 武田L、藤野L、山本L、東京セントラル代官山LC菊池L、大城Lより実際の経験に基づいた討論が行われた。
クラブ支部結成についてはFWTコーディネーター阿部Lより支部結成までの道のりを、方法論をふまえわかりやすい解説が行われ、最後にエクステンション委員会より事例に基づき、今期の 現状が報告された。
会の終了後、出席者に感想を求めたところ、某クラブの会長は「クラブ合併について興味深く拝聴した、自クラブに於いて合併による存続維持までの会員減少はないが、平均年齢が高く危機感を感じている。特に同じゾーン内に於いて
他クラブとアクティビティの協力などで一掃の交流を図り、合併も可能の状態を維持するのも 必要かもしれないと感じた。また、事例の中で話のあった合併準備委員会を立ち上げ準備期間を設け、お互い理解を深めれば合併も難しい事ではないのでは。」
今回のシンポジウムで討議された合併は会員維持の目的のためには有効な手段だと感じた、  クラブ解散でメンバーが転籍ではなく、合併という形でクラブとメンバーが尊厳と伝統を維持する事は次の世代に向けても、一つの方向性となるのではないだろうか。

取材:マーケティング・コミュニケーション委員会