第101回ラスベガス国際大会閉会式(大会最終日総会) 7月3日 MGMグランド・ガーデン・アリーナ

2018年7月3日(火)9:30~13:00にMGMグランド・ガーデン・アリーナに於いて閉会式(第3日目総会)が開催された。
世界のライオンズメンバーが会場に集結し、2018-19年度の新執行部の誕生を見守った。
国際会長就任宣誓式、国連旗贈呈式後に新国際会長にはグドラン・ビョート・イングバドター(アイスランド・ガルザバイル)、国際第一副会長にはジュンヨル・チョイ(韓国・釜山)、国際第二副会長にはヘインズ・タウンセンド(アメリカ合衆国・ジョージア州)、国際第三副会長にはブライアン・E・シーハン(アメリカ合衆国・ミネソタ州バードアイランド)が就任した。
我が330―A地区では、L細川孝雄ガバナーよりL今井文彦エレクトガバナーの左胸に付けられている「ELECT」と記載された青リボンを外して頂き、330―A地区ガバナー今井文彦が誕生し、参加者全員で祝福した。
また、L伊賀保夫第一副地区ガバナーは閉会式の壇上に登壇し、今年から始まるLCIFのキャンペーン100のリードギフト(3年間で10万ドル寄付)を誓約した世界のライオンズメンバーに贈られるLCIF理事長感謝状が贈られた。
レポート)広報情報委員会