チャータ-ナイトを記念して被災地の子供たちを支援

日付:2012/11/14
クラブ名:東京江戸川東LC
テーマ:被災者支援

チャータ-ナイトを記念して被災地の子供たちを支援  

東京江戸川東ライオンズクラブは、2012年11月14日に行われたチャーターナイト32周年記念例会に於いて、記念アクティビティとして「いわて復興エイド基金」に¥1,307,732円を寄贈した。同クラブでは
2012年10月18日に同クラブが主催して実施したチャリティ上映会「大津波のあとに」でみなさまからお預かりした義捐金と、クラブのメンバーであるL御厨正敬の会社で行われたチャリティゴルフ会に同クラブメンバーらが参加するなどして集められた義捐金などがさらに同クラブに寄贈を託され、今回の支援活動に発展した。寄贈した「いわて復興エイド基金」とは、東日本大震災により親を亡くした子供たちに少しでもエイド(援助)したいとの志を持つ岩手県内のプロゴルファー金谷嶺孝氏らが、岩手にゆかりのある深堀圭一郎氏(プロゴルファー)や岩村明憲選手(楽天イーグルス)などの多くのプロスポーツ選手の協力を得て立ち上げたプロジェクトでありま、支援の手が回りにくい施設や子供たちに全額届けるという復興支援団体である。同クラブではこの「いわて復興エイド基金」への協力を求めている。

「いわて復興エイド基金」のホームページ