第1回リジョン・チェアパーソン、ゾーン・チェアパーソン合同会議 11月9日 東京都赤十字献血センター4F会議室

2017年11月9日木曜日15時〜17時、東京都赤十字献血センター4F会議室於いて、2017年〜2018年度330-A地区「第1回リジョン・チェアパーソン、ゾーン・チェアパーソン合同会議」が開催された。 14のRCと各ZC、49名中38名が参加。 総勢50名(キャビネット役員含む)が出席した。
キャビネット幹事L谷山の開会、細川ガバナーの挨拶、L今井第1副地区ガバナーの挨拶の後、東京都赤十字血液センター血液推進一部長、瀧川正弘様から挨拶を頂いた。 「AB型の血液不足から330-A地区LCへお願いしたところ、快く引き受けて頂き早急な対応にて順調に増えている」と感謝の辞があった。
今回の合同会議の趣旨は、「RC・ZCが、各クラブとキャビネットをつなぐ重要な役割である」ことを確認するため。 コンテンツは、諮問委員会の進め方、ZCマニュアルについて、そして100年目のライオンズクラブの現状等が中心。
RCZC会議資料:20171109 330-A RCZC会議資料

①地区GSTコーディネーターL進藤 義夫による「リジョン・ゾーン運営のサポートについて」 の講義が行われた。 内容は、新奉仕のフレームワークの解説「糖尿病、環境、食糧支援、小児がん、視力」、諮問委員会の進め方、GAT=GST+GLT+GMT+FWTのチームについての説明(2017.11.13.GATについて 修正11.14.new)、ZCマニュアル作成中の報告等だった。 質疑では、諮問委員会やアクティビイティなど現場での運営面の質問が多く出た。
➁委員会からのお知らせ及びお願い事項
・キャビネット幹事L谷山:12月1日のフジコ・ヘミングコンサートS席チケット購入可能のお知らせ及びお願い。
・国際大会参加委員会委員長L御厨OSEALフォーラム、国際大会の登録、参加のお願い。OSEALフォーラムにまだ150名程参加可能、締め切り間近の為、申し込みのお願い。
・広報情報委員会委員L桂:100周年記念誌について進捗状況の報告。 現在199クラブ中96クラブが提出済み、クラブからの情報200文字と写真4枚提出のお願い。 ZC・RCから未提出クラブへの呼びかけと収集のお願い。
・プロジェクトリーダーL坪谷:ライオンズクラブソングの歌募集締め切り報告。 作詞14作品、曲1作品の応募があり、諮問委員会にて応募曲(作詞)の協議のお願い。
・会員増強委員会L高桑代理、8R・RC世話人L中村:会員増強の現状と担当各ゾーン、クラブの現状把握の促進。
事項ごとに質疑応答の時間が設けられ意見交換を行なった。 RC・ZCのリーダーシップにより330―A地区、クラブがなお一層活性化されることを期待したい。
レポート)広報情報委員会