第70回全関東八王子夢街道駅伝競走大会 2月9日 東京八王子いちょうLC

2020年2月9日(日)八王子市に於いて第70回全関東八王子夢街道駅伝競走大会が開催された。
全関東八王子夢街道駅伝競走大会の歴史は長く、昭和26年(1951年)から始まり今年で第70回を迎える。
総距離は約20キロ4区間で行われ、公道を走る駅伝大会としては国内最大級の大会である。
箱根駅伝出場校など強豪チームを含め現在では全国から約500チーム、約2,000人ものランナーが参加する大会となっている。
当クラブ(東京八王子いちょうライオンズクラブ)駅伝同好会からは第1部一般男子の部に、第1区(4.7km)L常盤聡選手、第2区(6.2km)L久保田保久選手、
第3区(5.7km)L岡田年晃選手、第4区(4.1km)L小方一博選手の4名が出場し、応援団としてライオンズクラブ国際協会330-A地区GST環境保全委員会はじめ
・マーケティングコミュニケーションIT委員会、アラート委員会、クラブメンバー含む約50名が応援に駆けつけ汗を流した。
前回は、惜しくも途中失格となってしまったが一年間練習に練習を重ね、今年は188位で完走することができた。 目的は大いに果たせたと感じている。
今後の更なる活躍に期待したい。
動画提供:マーケティング・コミュニケーション IT委員会 副委員長 L赤尾 嘉晃
写真提供:マーケティング・コミュニケーション IT委員会 副委員長 L赤尾 嘉晃
写真提供:マーケティング・コミュニケーション IT委員会 副委員長 L坂本 純一
写真提供:東京八王子いちょうライオンズクラブ メンバー  一同
レポート:マーケティング・コミュニケーション IT委員会 副委員長 L根岸 雅也