7Rガバナー公式訪問・合同例会    9月25日 池袋ホテルメトロポリタン

池袋ホテルメトロポリタンに於いて7リジョン ガバナー公式訪問が開催された。
14時30分より行われた事前懇談会で今井ガバナーは、7R2Zの現状について言及された。
「ゾーンを構成するクラブは4クラブが規則です、今の2ゾーンは3クラブしかありません、これについて7リジョンは、どの様に考えているか」と意見を求めた。
あるクラブ会長は「ゾーンが4クラブ必要だと今日初めて聞いた、だからと言っていきなり来期から2ゾーンが解体され他のゾーンに移行するのはあまりにも乱暴ではないか」2ゾーンの会長からは「3年前からエクステンションを目指しているが、まだ成果が出ていない」他には「複数のクラブで協力してエクステンションを行う」などの意見が出た。筆者は前期、2ゾーンのゾーンチェアパーソンであった、2ゾーンは板橋区で地域に密着した奉仕活動を続け、ゾーン合同アクティビティも前期は3回行った、これからも2ゾーンで自立した奉仕活動を続けたいと思っている、従ってエクステンション準備委員会を立ち上げた。規則を守るため2ゾーンは努力を続け、結果を出さなければならないが結果が出るまで、結論を急がないで頂きたい、願わくは存続にご理解とご支援をお願いしたい。
事前懇談会が終了して合同例会の前、講師に330複合地区GLTコーディネータ/GLT委員会 委員長 L.濱野雅司を迎えGLT指導力育成セミナー「LCIFフォワードとGATについて」が行われた。
合同例会でFWT東日本エリアリーダーL.小川晶子より今井文彦地区ガバナーの歓迎の挨拶があり、それを受けて今井ガバナーは184名の参加メンバーに「101年目の第一歩。全メンバーでつづるアクティビティの始動」を訴え掛けた。懇親会では第1副地区ガバナーL.伊賀保夫、 第2副地区ガバナーL.進藤義夫のチアリングメッセージの後、終始和やかな時間の中、    力強いライオンズロアーに続いて、かたき握手の大円団で7Rのガバナー公式訪問は終了した。