「第30回江東区民まつり」でもライオンズクラブが大活躍

「第30回江東区民まつり」でもライオンズクラブが大活躍
東京江東LC、東京江東南LC、東京深川LC、東京城東LC、東京江東中央LSC

2012年10月20日(土)、21日(日)東京都江東区の木場公園に於いて行われた「第30回江東区民まつり中央まつり」に参加し、献血を呼びかける運動や2020年東京にオリンピック・パラリンピックを呼びかける署名運動を実施した。運動に参加したのは東京江東LC、東京江東南LC、東京深川LC、東京城東LC、東京江東中央LSC(通称:江東区ライオンズクラブ連合)の5クラブ、メンバー約60名が参加した。往来する人々に献血を呼びかけた結果、123名の申し出があり、106名の方から献血いただいた。また、オリンピック招致を呼びかける運動でも約2000名もの方から署名を集めた。このほかオリンピック招致ピンバッチ1000個、クリアファイル1,000枚、ポケットティッシュ2000個の配布も行い「江東区民まつり」を盛り上げた。さらに、メンバーの家族やライオネスクラブメンバーらも運動に協力してカレーライスを約600食販売した。両日は秋晴れの天候に恵まれ、多くの人出があった模様で、実行委員会などによると二日間で約20万人の人が参加したと伝えられる。「江東区民まつり」は今年で30回を迎えたが、日比谷公園の三倍ともいわれる広大な敷地を持つ公園内のいろいろな会場にて、毎年、ふるさと祭りバザール、産業展、障害者作品バザー、歌謡ショーステージ、フリーマーケット、民俗芸能大会といった様々なイベントが行われ、地元江東区のライオンズクラブが大活躍している。