ハンブルク国際大会 第4日目(7月8日)のレポート

Hamburg_no61.jpg Hamburg_no52.jpg Hamburg_no51.jpg Hamburg_no54.jpg Hamburg_no56.jpg Hamburg_no59.jpg
<ハンブルク国際大会(第96回)第4日目(7月8日)のレポート>

本日は2日目総会、それからジャパンレセプション、それから330-A地区のイベントである「ガバナーとガバナーエレクトを囲む会」が開催されました。
ジャパンレセプションでは山田国際第二副会長候補者を応援する全日本ライオンズのメンバーが集結し、また国際協会の多数の役員が応援スピーチを行いました。
「ガバナーとガバナーエレクトを囲む会」は午後7時半より開催され、約200名の地区メンバーが参加し阿久津ガバナーの今期の活躍を祝福し、また鈴木エレクトの次期キャビネット運営に対する期待を表明しました。
アトラクションではハンブルクの障害者で構成される合唱団、約25名のメンバーによるドイツ民謡のコーラスが披露され、ドイツでの大会参加の雰囲気を各メンバーは実感しました。

レポート:国際大会参加委員会 L佐原