ライオンズ奉仕デー Part1

ライオンズ奉仕デー Part1
『ライオンズの集い』
ライオンズ奉仕デーに地区内外のメンバーが集結
東京都庁前広場で薬物乱用防止とオリンピック・パラリンピック招致を呼びかける
2012年10月8日東京都庁前都民広場にて、330-A地区薬物乱用防止並びにオリンピック・パラリンピック招致支援委員会が主催する「ライオンズの集い」が開催されました。当地区ライオンズ関係者の参加はいうまでもなく、千葉県(333-C地区)からも友好メンバーが足を運んでくれました。
一方、観客席は、ライオンズが支援する青少年や一般客、総勢1,600人で埋めつくされ、日本代表のキッズダンスチームの実演、さらにロンドンオリンピックの金メダリスト米満達弘選手や小原日登美選手、歴代オリンピック金メダリストが結集、子供達との交流で子供達の夢実現への意欲をかき立てました。
後半は、日大応援リーダー部“DIPPERS”のチアダンス、陸上自衛隊第1音楽隊の歌や演奏に参加者は大いに魅了されました。最後に主目的の「2020年に東京へオリンピック・パラリンピックを招致しよう」と「ダメ・ゼッタイ」宣言を全員で、シュプレヒコールを行って盛会のうちに終了しました。