年頭のご挨拶

2014 new_year

昨年も、社会奉仕のオピニオン・リーダーとして、私たちライオンズクラブの果たすべき役割と、奉仕活動に対する幅広い見識を社会全体に広めるという重要な責務に対し、全てのメンバーの皆様方がその一翼を担いながら着実に歩みを進めてこられましたことに心より敬意を表します。

さて、本年度は年次大会が第60回を迎えるという記念すべき節目にあたります。この「第60回記念年次大会」では東日本大震災に対し、今改めて被災地とどう向き合い何をすべきかを再確認すべく、今期の集大成として復興支援事業を行わせて頂きます。2011年3月11日の東日本大震災より間もなく三年が経過しようとしている中、人々の記憶はだんだんと薄らいでいるように感じられますが、真の復興までには依然として長い道程が残されています。各クラブにおかれましては、それぞれが継続して復興支援活動にご尽力されていることと存じますが、本事業に対しましての深いご理解と、ご協力を賜りますよう切にお願いする次第です。

本年も、330-A地区のライオンズクラブメンバーお一人おひとりが誇りと使命感を持たれ、お力を存分に発揮されますことを確信しております。「育もう 拡げよう 奉仕の心」というアクティビティ・スローガンのもと、志を高くして励ましあいながら共に頑張ってまいりましょう。

結びに、メンバー各位のご健勝とご多幸を祈念し、年頭のご挨拶とさせて頂きます。