沖縄県石垣島マングローブ植樹     6月20日(木)東京八王子いちょう LC

2019年6月20日(木)沖縄県石垣市名蔵湾東小屋パーキング付近海岸に於いて337複合地区ガバナー協議会 議長 、ガバナー協議会議長連絡会 代表世話人であるライオンズクラブ国際協会337ーD地区 元地区ガバナー 識名ライオン(八重山LC所属)を中心に、ライオンズクラブ国際協会337ーD地区沖縄R3Z八重山ライオンズクラブ様のご協力の元、マングローブの植樹を実施した。名蔵湾は、石垣島最大の湾でラムサール条約で保護されている。ラムサール条約とは1971年2月2日にイランのラムサールという都市で開催された国際会議で採択された湿地に関する条約である。正式名称は、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」というが、採択の地にちなみ、一般に「ラムサール条約」と呼ばれている。植樹には、八重山LC、沖縄ピースLC、東京八王子いちょうLCの3クラブ、総勢25名が参加し約200本の苗木を植樹した。八重山LC 環境保全委員会 委員長 L崎浜 氏よりマングローブについて詳しいご説明をいただいた。マングローブとは、ヒルギ類(ヤエヤマヒルギ、メヒルギ、オヒルギ)などのことをいい汽水域に生息する植物の総称である。マングローブの種子は、胎生種子といい、樹木についたままの状態で果実の中の種子が発芽するという特徴を持つ。種子は、10〜20cmの棒状に成長し樹木から落下し生育の条件に合う場所に漂着するとで根や葉をだすとのこと。また、植樹を行っても台風などの影響によりそのほとんどが流されてしまうため、環境保全の為には定期的な植樹と流されない様にする工夫が必要であると話していた。植樹後には、南の美ら花 ホテル ミヤヒラに於いて、八重山LC様のバトンタッチ例会が開催され、例会には、沖縄ピースLC、茨木ハーモニーLC、茨木ローズLC、摂津LC、東京八王子いちょうLC、計5クラブが参加し盛大に執り行われ幕を閉じた。植樹を行った苗の成長が楽しみである。石垣島を訪れ苗の成長を見守りたい。
レポート:東京八王子いちょうLC  IT・広報委員会 副委員長 L根岸雅也