臨時第1回キャビネット会議と賀詞交歓会      1月28日(月)  東京プリンスホテル

東京プリンスホテルに於いて、臨時第1回キャビネット会議・賀詞交歓会が行われた。
会議に先立ち前期難病支援アクティビティ「あやめちゃんの心臓移植の為の募金活動」で無事に心臓移植手術が行われて、元気になったあやめちゃんのお父さん佐々木幸輔氏より感謝の意を表す挨拶があった。
今井ガバナーの挨拶では「みんなダイアモンド」に多くのメンバーが協力して頂いたお礼の言葉と、引き続き会員増強への協力依頼があった。
続いて、前期ガバナーチームにナレシュ・アガワル前国際会長より届いた地区ガバナーチーム優秀賞の贈呈があり、山浦元国際理事にはグドラン・イングバドター国際会長より届いた国際会長感謝バッチが贈呈された。
*1 LCIF 1、000ドル献金10口、7口、6口、5口の寄付をされた方々へのアワード贈呈 *2クラブ会員増強アワード、*3 個人会員増強アワードが贈呈された。ガバナー提出案件では2018~2019年度330-A地区一般会計、330-A地区第65回年次大会関係の大会予算が承認された。各位よりの提出案件では組織連携・法人化推進委員会より法人化に向けての現状報告が行われ、それに関わる質疑応答があった。
報告事項では国際大会関連、LCIF関連、パラリンピック次世代選手支援の選手推薦、330複合地区全般、330-A地区全般では年次大会記念事業2019年3月11日さだまさしチャリティーコンサートの報告が行われた。
最後に今後のキャビネット会議予定が発表され、臨時第1回キャビネット会議は終了した。
賀詞交歓会では恒例の鏡割りの後、ウイサーブの乾杯で参加者の喉を潤し、ライオンズメンバーで構成するカエル合唱団の歌声が会場を包み込み寛ぎの空気が流れた。続いて松田聖子の   そっくりさんが登場し平成最後の賀詞交歓会で昭和のアイドル曲が響き渡り、今井ガバナーが サプライズ登壇し不思議なデュエットの歌声に大きな拍手が送られた、今井ガバナーの歌声は「さだまさしチャリティーコンサート」でも披露されるのではと、大きな期待を抱かせ    賀詞交歓会は終了した。

*1 10口 L山浦晟暉 L伊賀保夫 L山田春雄 L越村義雄
7口 L宇田川直子 L田中圭子 6口 L青木秀茂
5口 L大石誠 L阿久津隆文 L細川孝雄 L石井征二 L村木秀之
L前田信哉 L田倉仁

*2 増強19名 東京スバルライオンズクラブ 東京シティライオンズクラブ
増強13名 東京田園調布ライオンズクラブ

*3 増強15名 東京スバルライオンズクラブ L泊正重
増強7名 東京シティライオンズクラブ L重信眞一
増強5名 東京飯田橋ライオンズクラブ L根本二郎
増強4名 東京立川ライオンズクラブ L森山泰文
東京亀有ライオンズクラブ L淀繩智彦
東京横田ライオンズクラブ L大塚英夫

取材:マーケティング・コミュニケーション委員会委員長 L吉岡晋