LCIF理事長セミナーを開催 11月7日(月)憲政記念館講堂

lcif_seminar2

2016.11.7.(月)10:30~12:30 憲政記念館

講演資料:2016-11-07-chairperson-yamada-seminar-ja-330-a

映写資料:LCIF Measles v7 JAPANESE SUBS

Dr.L山田實紘LCIF理事長セミナーが開催された。

参加者140名。330-A地区LCIF委員長L伊賀則夫が司会を担当。開会、村木ガバナーの挨拶、来賓の挨拶のあとLCIF理事長L山田實紘の講演が行われた。LCIF概略、交付金の種類、世界の寄付国別トップ5(1位台湾、2位日本、3位韓国、4位アメリカ、5位インド)など内容は多岐にわたり、LCIFが「チャリティ・ナビゲーター」(米国の慈善団体評価組織)から4つ星の最高評価を得たことや2017年-18年度にLCIF創立50周年を迎える年に5,000万ドルの資金獲得目標が披露された。会場からは、330-A地区が特に力を入れている、青少年健全育成として薬物乱用防止活動へのLCIF資金投入の要望があった。L山田實紘は、例会出席主義からアクティビティ参加主体の運営を目指し、事務局経費を抑え市民のニーズに合致したアクティビティへ会費、ドネーションの多くを投入するべきと昨年の旭川での国際会長訪問時に語った方向性とぶれない切れ味鋭いプレゼンテーションを行った。クラブの会費の利用の仕方を考えさせられるセミナーであった。

資料提供)LCIF委員会・IT委員会  レポート・写真)広報情報委員会

<今期5,000ドル以上献金者 記念写真>

lcif_seminar7

<今期1,000ドル以上献金者 記念写真>

lcif_seminar6

<山田LCIF理事長講演>

lcif_seminar3lcif_seminar5 lcif_seminar4lcif_seminar10 lcif_seminar9 lcif_seminar8lcif_seminar11