第102回ライオンズクラブ国際大会閉会式(大会最終日総会) 7月9日(火) イタリア・ミラノ

7月9日(火)午前10時から、ミラノ国際大会を締めくくる最終日総会(閉会式)が開かれた。
世界のライオンズメンバーが会場に集結し、2019-20年度の新執行部の誕生を見守った。
国際会長就任宣誓式後に新国際会長にジュンヨル・チョイ新国際会長(韓国・釜山)が就任した。
2019~2021年国際理事に、日本の川島正行(元333―E地区ガバナー:茨城県・土浦北LC)と渡部雅文(元336複合地区ガバナー協議会議長:岡山県・倉敷西LC)が就任した。
国際第3副会長には、パティ・ヒル(カナダ・エドモントン)が当選した。 また、アフリカに新しい会則地域を設ける案が可決された。
我が330―A地区には、今井文彦DGから伊賀保夫DGEの胸元にある「ELECT」と記載された青リボンを外し、42歳の伊賀保夫DGが誕生し、出席者全員で祝福した。
新ガバナーチームと幹事団の1年が楽しみである。
マーケティング・コミュニケーション・IT委員会 副委員長 L坂本純一